第46回視能訓練士国家試験の合格発表
出願者数 911人 (新卒:823人)
受験者数 886人 (新卒:802人)
受験率 97.3% (新卒:97.4%)
合格者数 833人 (新卒:786人)
合格率 94.0% (新卒:98.0%)
合格基準

配点は一般問題を1問1点(130点満点)、臨床問題を1問2点(40点満点) 合計170点満点とし、次の基準を満たした者を合格とする。

総得点:102点以上 / 170点

合格発表 平成28年3月29日(火)午後2時
受験地/試験会場

東京都及び大阪府

受験に便利な宿を今すぐ予約

Sponsored Link
資格seek TOP > 視能訓練士seek TOP > 全国視能訓練士養成所,大学,専門学校一覧 > 国際医療福祉大学保健医療学部視機能療法学科
◆国際医療福祉大学保健医療学部視機能療法学科

http://www.iuhw.ac.jp/gakubu/sikinou/index.html


◆国際医療福祉大学保健医療学部視機能療法学科の特徴・特色

●視力や視野検査などの視機能検査や弱視・斜視の検査及び訓練。 治療。それが視能訓練士の仕事

これまで視能訓練士は、眼科医療従事者として主に視力や視野検査などの視機能検査や弱視・斜視の検査及び訓練・治療に携わってきました。
視機能療法学科では、さらに近年の医療技術の目覚ましい進歩・高齢化社会・リハビリテーションの重要性を考え合わせ、これからの眼科医療従事者に求められる高度な技術を幅広く習得させるだけではなく、眼科以外の様々な領域でも活躍できる思考力と探究心を兼ね備えた人材を育成したいと考えております。


●光学関連の講義・実習の充実。

視力屈折検査は視能訓練士の日常業務の中で最も頻度の高いものですが、更に眼科医の指示のもとでメガネやコンタクトレンズの処方をおこなったり、レーシックをはじめとする角膜屈折矯正手術の普及により、新たな検査項目も加わっております。
検査結果により高い再現性や精度が求められているため、検査手技の技量を磨くだけではなく、基礎的な波動光学や生理光学、光学理論について体系的に学ぶことのできるカリキュラムにいたしました。
最後に、論理的な思考力を深め、研究のプロセスを実際に経験させるため、4年次に卒業研究を取り入れました。
探究心や思考力を養い、将来、大学院や教育職、研究職への進路を目指す人材の育成を行います。


(国際医療福祉大学保健医療学部視機能療法学科HPより抜粋)

このような特色・特徴が国際医療福祉大学保健医療学部視機能療法学科にはあります。

詳しくは国際医療福祉大学保健医療学部視機能療法学科のホームページ


◆国際医療福祉大学保健医療学部視機能療法学科で取得可能な資格
  • 視能訓練士国家試験受験資格

◆国際医療福祉大学保健医療学部視機能療法学科の所在地,アクセス,地図

〒324-8501
栃木県大田原市北金丸2600-1 


◆国際医療福祉大学保健医療学部視機能療法学科をさらに詳しく

国際医療福祉大学保健医療学部視機能療法学科

全国にたくさんある視能訓練士養成施設。
ぶっちゃけ一校一校サイトに行って情報収集するのは大変!!
そういう悩みをズバッと解決できるがリクルート進学ネットの一括資料請求。
まとめて資料を請求できて、比較検討できます!

視能訓練士を目指せる学校・学部・学科・コースを一括で表示する

Sponsored Link

サイトマップ

視能訓練士を目指せる学校を一括表示