第46回視能訓練士国家試験の合格発表
出願者数 911人 (新卒:823人)
受験者数 886人 (新卒:802人)
受験率 97.3% (新卒:97.4%)
合格者数 833人 (新卒:786人)
合格率 94.0% (新卒:98.0%)
合格基準

配点は一般問題を1問1点(130点満点)、臨床問題を1問2点(40点満点) 合計170点満点とし、次の基準を満たした者を合格とする。

総得点:102点以上 / 170点

合格発表 平成28年3月29日(火)午後2時
受験地/試験会場

東京都及び大阪府

受験に便利な宿を今すぐ予約

Sponsored Link
資格seek TOP > 視能訓練士seek TOP > 全国視能訓練士養成所,大学,専門学校一覧 > 愛知淑徳大学健康医療科学部医療貢献学科視覚科学専攻
◆愛知淑徳大学健康医療科学部医療貢献学科視覚科学専攻

http://www.aasa.ac.jp/faculty/health/sight_science.html


◆愛知淑徳大学健康医療科学部医療貢献学科視覚科学専攻の特徴・特色

●視覚機能について深く追究し、“医学と科学の眼”を持つ、視覚分野のスペシャリストをめざします。

視覚科学専攻では、視機能とその障害に関する臨床医学を学び、さらに視覚科学の基礎研究にも力を注ぐ、全国的にも珍しい教育を展開します。

“医学”と“科学”の両方の知識・技能を習得することにより、視能訓練士の国家資格の取得をめざすことはもちろん、視覚科学の研究をリードしていく人材を育成します。


●学習・研究の設備と人的環境を充実させています

人間は、外部からの情報の多くを「視覚」から取り込んでいます。そのため視覚機能に異常が生じると、生活する上で深刻な悩みや困難を感じることも少なくありません。
しかも「ものが見えにくい」という訴えひとつをとっても、視力の低下、視野の欠損や狭窄、色の弁別障害、立体視の障害など多種多様な症状があります。
こうした症状を的確に検査・評価し、適切な対応をするとともに、弱視や斜視の訓練、視覚障がいのある人々への支援に従事するスペシャリストが「視能訓練士」です。

視覚科学専攻では、視能訓練士を育成するために、種々の検査機器を充実させ、さらに第一線で活躍する眼科医、視覚心理学・視覚科学の専門家、臨床経験豊かな視能訓練士などの教員とともに、視能学や視覚科学に関する学習・研究に力を注いでいます。


(愛知淑徳大学健康医療科学部医療貢献学科視覚科学専攻HPより抜粋)

このような特色・特徴が愛知淑徳大学健康医療科学部医療貢献学科視覚科学専攻にはあります。

詳しくは愛知淑徳大学健康医療科学部医療貢献学科視覚科学専攻のホームページ


◆愛知淑徳大学健康医療科学部医療貢献学科視覚科学専攻で取得可能な資格
  • 視能訓練士国家試験受験資格

◆愛知淑徳大学健康医療科学部医療貢献学科視覚科学専攻の所在地,アクセス,地図

〒480-1197
愛知県長久手市片平9


◆愛知淑徳大学健康医療科学部医療貢献学科視覚科学専攻をさらに詳しく

愛知淑徳大学健康医療科学部医療貢献学科視覚科学専攻

全国にたくさんある視能訓練士養成施設。
ぶっちゃけ一校一校サイトに行って情報収集するのは大変!!
そういう悩みをズバッと解決できるがリクルート進学ネットの一括資料請求。
まとめて資料を請求できて、比較検討できます!

視能訓練士を目指せる学校・学部・学科・コースを一括で表示する

Sponsored Link

サイトマップ

視能訓練士を目指せる学校を一括表示